東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

外国人留学生と日本人の結婚(日本人の配偶者等)

外国人留学生との結婚に際しての注意点

日本に留学中の留学生(在留資格:留学)と日本人が結婚するケースは増えています。アルバイト先で知り合う場合などが多いようです。そのように日本に留学中の留学生と日本人が結婚する場合には、1)学校卒業の有無、2)当該留学生の留学生としての在留状況(学校での成績や出席率、アルバイト時間その他の法令順守の状況など)が問題となります。

学校を中退する場合、留学の在留資格で入国し実際はあまり学校などには行かずに(ほぼ)専らアルバイト等に従事するような所謂偽装留学生が、学校を退学や除籍となり留学の在留資格を継続できない、または、学費を払うことなく就労するため、もしくは中期的には偽装留学が露見する恐れがあるなるなどの理由から、日本での就労継続のために、日本人と結婚をしたことにして就労する、偽装結婚をするケースも過去には見られました。したがって、学校を退学して結婚をしようとする場合、学校の成績証明書や出席証明書、アルバイトの状況を示す課税証明書などの書類を厳しく審査されることも多くあります。

成績不良・出席不良

そして、学業において、成績不良、出席不良の場合は、在留資格の変更は難しくなります。そもそも在留資格を変更または更新する場合は、在留中の在留状況が良いことが求められます(相当性)。したがって、留学の在留資格の目的や趣旨に合致していないと目される在留状況である場合は、他の在留資格への変更は難しいということになります。したがって、日本人の配偶者等への在留資格の変更もまた難しくなります。

資格外活動違反(アルバイト超過)

また、資格外活動違反(アルバイト超過)にも注意が必要です。昨今、留学生は(成績や出席が芳しくない場合、偽装留学生で摘発される人が多い出身国の人は特に)偽装留学生問題もあり、資格外活動は厳しく見られる傾向があります。資格外活動違反をしていた場合は、法令違反(=入管法違反)となりますので変更申請は不許可となります。

お客様の声・セミナー

よく読まれている記事

Return Top
Translate »