東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】対面・オンラインで全国対応可(所管庁のオンライン対象業務)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

配偶者ビザ:国内または海外で犯罪歴、前科がある場合

国内または海外で犯罪歴、前科(交通違反の罰金刑を含む)がある場合、配偶者ビザは取得できますか?

犯罪歴(交通違反の罰金刑を含む)の有無は審査に影響しますが、影響を恐れて隠して申告しないと虚偽申請として不許可となりえますので必ず申告してください。

 

犯罪歴、前科(交通違反の罰金刑を含む)がある場合

配偶者ビザの申請では、申請書に「犯罪を理由とする処分を受けたことの有無」を申述する項目があります。犯罪を理由とする処分には、日本国外のものも含み、さらに交通違反による罰金刑などの処分も含みます。

入国管理局では、「犯罪歴は、過去何年前までという限定はありませんので、日本国内・国外を問わず、犯罪を理由として処分を受けたことがある場合は、全て記載してください。」とアナウンスしています。インターネット上の噂などで過去5年位上経過をしていれば申告不要などとという情報などがありますが、これは誤りです。

これは、在留資格審査に際しては、申請人の外国人の「素行」が善良かどうかを確認するためです。犯罪や前科があることは、通常は在留資格審査にネガティブな要素となりえ、慎重な審査を要する理由となることもあります。過去の犯罪歴の状況等によっては、いつまで経っても許可がもらえないということもあり得ます。

しかしながら、影響を恐れて隠して正しく申告しないと、入国管理局に露見した時に虚偽申請として不許可となりえますので必ず申告してください。入国管理局はインテリジェンス・センターを擁しその調査能力はとても高いと思ってください。

 

過去に退去強制となっている場合

外国人配偶者が、過去に退去強制になっている場合は、法令で定められた所定の年限は日本に入国することができません。退去強制になっている場合、原則その後5年間または10年間は入国拒否期間となり、日本国に入国することはできません。さらに1年以上の懲役・禁固に処せられた場合、所定の薬物犯罪を犯したした場合などは、無期限の入国拒否となります。そのような場合は、定められた上陸拒否期間を経過するか、上陸特別許可を得る必要があります。

なお、その間、実態のある婚姻関係が継続していたことを客観的に立証することが必要なります。例えば、日本人である配偶者による外国への渡航履歴や外国での生活費用の支弁のための仕送り状況などです。ただし、上陸特別許可や在留資格認定証明書を交付するか否かは法務大臣(入国管理局)の裁量となっているため、必ずしも許可がもらえるものではないことには留意すべきです。

 

 

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)| CFP・証券アナリスト・行政書士

1977年生まれ。外国人在留資格(ビザ)専門の行政書士。証券会社出身、金融機関では法令や制度の調査、管轄する役所などとの交渉、お客様(クライアント)にとって最適な制度上の選択肢や方法などをアドバイスする業務に従事。

配偶者ビザなどの外国人在留資格においても、行政書士資格とファイナンシャル・プランニングの知見、お役所への交渉ノウハウなどを駆使しながら、国際結婚の真実性や合理性、経済力の証明などが困難な事案にも積極果敢に挑む。休日の楽しみは、アイドル現場、散歩、夜ホッピーを飲みながら映画を見ること。ネコたちと遊ぶこと。

 

たった3分の簡単入力!
相談してみる

【外国人のみなさま】
◆ 日本で働きたい
◆ 日本で会社を作りたい
◆ 結婚したい
◆ 永住したい
◆ 日本国籍をとりたい

 

コンチネンタル「LINE@」キャンペーン!!
コンチネンタ友だち追加ルLINE@ではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご依頼もOKです!

 

 

お客様の声

お客様の声の一覧をみる
Return Top
Translate »