東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

【2021年】永住審査の審査期間

2021年の永住審査期間(速報)

2021年本稿執筆時点の東京入国管理局の永住審査の期間は、概ね8カ月~10ヶ月程度です(当社申請の場合)。当社で申請した永住申請案件であって、直近に許可された事例から算出しています。申請から5カ月程度で許可が出る案件なdもありますが、最頻値として8~10ヶ月のレンジに収まっています。

永住者の在留資格を持って在留する人は、在留活動に制限が無く、在留期間にも制限が無いため、永住許可に係る審査は、入管当局としては言わば最終の審査となることから、慎重に審査を行っています。ウェブサイトでは標準処理期間は4ヶ月とされていますが、審査の厳格化なども踏まえて現在は上記の審査期間になっています。

なお、審査期間は、申請人の状況によって異なります。自己申請で書類が間違っている場合や、当局から慎重に審査すべきと見做される案件(B案件)であるのに、それに対して予め十分な説明のない場合、などは余計に時間がかかるかもしれません。また申請した入国管理局や申請時期などによっても審査期間は変わってきます。また、現在は、かつてよりも時間がかかっているので「友達は●ヶ月で許可が取れた」という話は一切参考になりません。

参考:入国管理局での審査対象案件の区分
A案件:許可相当の案件
B案件:慎重な審査を要する案件
C案件:不許可相当の案件
D案件:追加資料が必要な案件(その後ABCに再振り分けされる)

 

追加資料提出通知のタイミング

永住審査の過程で確認すべき事項や、足りない情報や書類があった場合、資料提出通知書が届きます。こちらは申請直後に求められる場合、申請から10か月近く経過してから求められる場合など、申請した入国管理局や案件によってもまちまちです。

ところで、最近の東京入国管理局では、膨大な事務処理のなか、申請された品川での審査処理に加えて、近県の出張所に書類を移送して手分けして審査事務をしている事もあり、それらの近県の出張所から資料提出通知書が届く場合もあります。

 

審査の進捗状況を教えてくれるか?

審査の進捗状況は、「現在審査中」であること以外は原則教えてもらえません。いつ頃完了するかの目途についても原則教えてもらえません。入国管理局に対して、審査が長い・遅いと感情的になってクレームを入れて凄んだり、毎日のように確認の電話をする人も居るようですが、(毎日役所へ電話することが効果的な一部の国があるようですが)日本ではそのようなことをしても早く処理をしてくれるわけではありません。

入管当局も、なるべく早く審査手続きを完了できるように、地方出張所の担当者も動員するなどで取り組んでくれていますので、早く審査事務を終わらせてもらうためにも、殊更に文句を言ったり、頻繁に連絡をすることは控えましょう。

 

 

 

お客様の声

お客様の声の一覧をみる

よく読まれている記事

Return Top
Translate »