東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

永住申請に係る理由書の注意点

日本語が得意でなく永住申請の理由書を書くことに自信がありません。どうすればよいでしょうか?

理由書は法令等に基づき申請内容の事情などを説明する重要な書類です。難しい場合は専門家に相談する事をお勧めします。

 

永住申請に係る理由書とは

永住申請では理由書の提出が求められています。入国管理局ウェブサイトでは、理由書は「永住許可を必要とする理由について,自由な形式で書いて下さい。日本語以外で記載する場合は,翻訳文が必要です。」とされています。理由書の目的は、永住許可を必要とする理由及び、永住要件を満たしていることについて、提出した書類のみでは理解しずらい申請内容の背景や事情などを補足すること、です。

理由書の目的
○永住許可を必要とする理由
○永住要件を満たしていることについて、提出した書類のみでは理解しずらい申請内容の背景や事情などを補足すること

しかしながら、特に外国人本人申請の場合、インターネットや書籍などの理由書のテンプレートなどを、そのまま使用して理由書を提出しているケースが散見されます。理由書を使いまわす事には不許可リスクがありますので注意が必要です。入管当局において人それぞれの状況が異なるにも関わらず「理由書の内容が皆同じ」であることは問題視されており、申請内容の信憑性を逆に疑われる可能性があることに加え、その申請人のケースで予め申述しておくべき必要な情報が抜けており、その事が不利益になる可能性もあるためです。

入国管理局ウェブサイトに記載されている申請書類一式だけを提出しても、審査官が理解できない場合は、追加の説明や資料の徴求をすることなく「申請内容に疑義あり」として不許可とされることも多くあります。

 

理由書の内容

理由書の内容は、①永住申請する理由、②永住要件を満たしていることの説明、③申請内容及び添付書類について予め補足しておくべきことの説明、に大別されます。

理由書の内容のポイント
①永住申請する理由
②永住要件を満たしていることの説明
③申請内容及び添付書類について予め補足しておくべきことの説明

①永住申請する理由は、現在有する在留資格の活動内容やその人の思想や人生観などを踏まえて人それぞれに異なりますので、画一的なフォーマットと同じ内容は望ましい事ではありません。②また、入管法令・永住ガイドライン・審査要綱などを踏まえて永住要件を満たしていることの説明を簡潔に述べ、③提出した書類のみでは理解しずらい申請内容の背景や事情などを補足することが、理由書の目的です。

ところで、日本語の文章を書くことが難しい方は注意してください。外国人が書いた母国語の文書を読んだことのある人は感覚的に分かると思いますが、言葉の使い方に間違いの多い文章は、ネイティブの読み手からするとそれだけで内容まで疑わしく感じるものです。したがって、日本語が得意でない方は英語や中国語などの母国語で原文を書き起こして翻訳をするか、専門家などに日本語で代筆してもらうことをお勧めします。

(併せて読みたい:永住を自分で申請するリスク・自己申請するリスク)

 

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)
1977年生まれ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャルグループと米Morgan Stanleyのジョイントベンチャー)で企業の資金調達やM&Aなどのアドバイスを行う投資銀行業務に18年間従事。在職中500人を超える起業家や上場企業経営者に対して事業計画や資本政策などの財務・資本戦略についての助言を実施
専門は外国人の在留資格手続きに関わるコンサルティング及び財務コンサルティング。趣味は日本人アイドルのコンサートとディカプリオ映画と猫と遊ぶこと。
入国管理局申請取次行政書士・CFP(Certified Financial Planner)・日本証券アナリスト協会検定会員

たった3分の簡単入力!
無料で相談してみる

セミナー

お客様の声

よく読まれている記事

Return Top
Translate »