東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

同性配偶者のビザ(特定活動)が取れない場合

同性婚配偶者/パートナーが日本人で、配偶者ビザ等の在留資格が取れません。どうすればよいでしょうか?

配偶者としては認められないので、最終学歴や職歴などに併せて他の在留資格(就労系など)を取得し、日本で暮らすことを検討すべきです。

 

同性婚の在留資格の要件を満たしていない場合

同性配偶者・同性パートナーに特定活動の在留資格が与えられる場合は、当事者であるの外国人双方の国で同性婚が法律上認められていることが条件になります。

(ご参照:同性配偶者の在留資格は?

したがって、日本で暮らす必要がある同性婚カップルは当事者の一方が日本人である場合が多いところ、相手が日本人である場合は、特定活動(告示外)の在留資格は認められないので、2人が日本で生活をしていくためには明文化されている他の在留資格を検討しなければなりません。

代表的なケース

代表的なケースとしては、学歴や職歴が技術・人文知識・国際業務高度専門職)や技能の在留資格の要件を満たしていてば、日本で就職先を探して就労することが考えられます。工学学士を持っている人がエンジニアで働く、外国料理の職人が外国料理店の料理人をするなどです。また、写真家やイラストレーターなどの芸術(Artist)の活動をしているケースも多く見受けられます。

さらに、最終学歴や年齢によっては、就労ビザの要件を満たすために、「留学」の在留資格で日本の大学や専門学校に入学し、卒業後に長期的に日本での就労→永住などを企図することも検討できます。
※各在留資格の要件はリンクをご参照ください。

経営管理ビザの検討

しかし、学歴や職歴が就労系の在留資格の要件を満たしていない場合も多くあります。この場合は、経営・管理の在留資格が検討されることが多くあります。経営管理ビザは、日本で何らかのビジネスを興して事業経営者として活動する在留資格ですが、学歴や職歴の要件が無く、外観的には一定以上の出資をすれば良いとされているためです。しかしながら、実際に、経営・管理の在留資格を取得するためには、本格的に日本で事業経営による収益を安定的継続的に上げて生計を維持できることが確認されます。

「配偶者/パートナーの生活費は日本人の同性パートナー等が支弁するので、『形だけ会社を経営していることにして』在留資格を取得できないか?」と相談にいらっしゃる方が居ますが、同様の事例が過去に頻発したことから、同性婚パートナーの方の経営管理の在留資格については、特に入国管理局からも厳しく審査されています。したがって、同性婚パートナーの経営管理ビザの取得には(入国管理局が同性婚パートナーの申請と認識している場合は特に)、十分に事業計画とその事業活動が安定的継続的に見込まれることの証拠を文書で証明する準備をしてから望むことが肝要です。

これまで事業経営を行ったことが無い人は注意が必要です。ご不安な場合は、当事務所までご相談ください。

 

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)
1977年生まれ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャルグループと米Morgan Stanleyのジョイントベンチャー)で企業の資金調達やM&Aなどのアドバイスを行う投資銀行業務に18年間従事。在職中500人を超える起業家や上場企業経営者に対して事業計画や資本政策などの財務・資本戦略についての助言を実施

専門は外国人の在留資格手続きに関わるコンサルティング及び財務コンサルティング。趣味は日本人アイドルのコンサートとディカプリオ映画と猫と遊ぶこと。
入国管理局申請取次行政書士・CFP(Certified Financial Plannner)・日本証券アナリスト協会検定会員

たった3分の簡単入力!
無料で相談してみる

【外国人のみなさま】
◆ 日本で働きたい
◆ 日本で会社を作りたい
◆ 結婚したい
◆ 永住したい
◆ 日本国籍をとりたい

【事業主のみなさま】
◆ 外国人を雇いたい
◆ 入国管理局への申請をしてほしい

コンチネンタル「LINE@」キャンペーン!!
コンチネンタ友だち追加ルLINE@ではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご依頼もOKです!

 

セミナー

お客様の声

よく読まれている記事

Return Top
Translate »