東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

永住申請の必要書類(最新版:2019年7月以降)

永住申請の必要書類

永住申請の必要書類は、2019年7月より求められる資料が増加し審査がより厳格化されました。また、申請する人の在留資格などによって異なりますので、注意が必要です。なお、個人によって以下の書類以外の証拠書類などの提出が求められる可能性もあります。

  • 10年以上在住
  • 日本人の配偶者等
  • 定住者
【共通書類】
・永住許可申請書
・パスポート(原本)
・申請理由書
・履歴書(申請人の在留歴、学歴、職歴、身分関係変更歴など)
・住民票(家族全員の分)
・自宅の賃貸借契約書(写し)※持ち家の場合:登記事項証明書
・自宅の写真(外観、玄関、キッチン、リビング、寝室)
・スナップ写真(家族と写っているもの)3枚以上
・住民税の納税証明書(年間の総所得・納税状況が記載)過去5年分(2019年7月より)
・源泉所得税及び復興特別所得税,申告所得税及び復興特別所得税,消費税及び地方消費税,相続税,贈与税に係る納税証明書(その3)※該当しない税目も全て記載してあること
・ねんきん定期便(全期間の年金記録情報が表示されているもの)、または、ねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面(直近2年分)
・国民健康保険被保険者証、または健康保険被保険者証(写し)
・預貯金通帳(写し)
・最終学歴の卒業証明書or卒業証書(写し)

【人によって異なる書類】
◇会社員の人(本人または扶養者)
・在職証明書
・源泉徴収票(直近5年分)
・給与明細書(直近●カ月)

◇会社経営者の人(本人または扶養者)
・登記事項証明書
・定款(写し)
・営業許可書(写し)
・法人税務申告書控えの写し(過去5年分)
・会社案内
・事業所における公的年金及び公的医療保険の保険料に係る資料(直近2年分)

◇身元保証人に関する資料(日本人または永住者の方に依頼)
・身元保証書
・住民票
・住民税の納税証明書(直近1年分)
・源泉徴収票(直近1年分)
・在勤及び給与証明書
・申請人との関係を説明する文書
◇家族に在留資格「家族滞在」の方がいる場合
(韓国人の場合)
・婚姻関係証明書
・基本証明書
・家族関係証明書
(中国人の場合)
・結婚公証書
・出生公証書
(その他の国の方)
次のいずれかの書類で、身分関係を証明できる書類
・戸籍謄本
・婚姻届受理証明書
・結婚証明書
・出生証明書

◇その他書類
・勤務先の代表者が作成した推薦状
・表彰状、感謝状など

※ 上記以外の書類が必要となることがあります。
※ 上記書類は、申請者の状況により異なる場合があります。

【共通書類】
・永住許可申請書
・パスポート(原本)
・申請理由書
・履歴書(申請人の在留歴、学歴、職歴、身分関係変更歴など)
・住民票(家族全員の分)
・自宅の賃貸借契約書(写し)※持ち家の場合:登記事項証明書
・自宅の写真(外観、玄関、キッチン、リビング、寝室)
・スナップ写真(家族と写っているもの)3枚以上
・住民税の納税証明書(年間の総所得・納税状況が記載)過去3年分
※日本人,永住者及び特別永住者の実子等の場合は,直近年分
・源泉所得税及び復興特別所得税,申告所得税及び復興特別所得税,消費税及び地方消費税,相続税,贈与税に係る納税証明書(その3)※該当しない税目も全て記載してあること
・ねんきん定期便(全期間の年金記録情報が表示されているもの)、または、ねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面(2年分)
・国民健康保険被保険者証、または健康保険被保険者証(写し)
・預貯金通帳(写し)
・最終学歴の卒業証明書or卒業証書(写し)

【人によって異なる書類】
◇日本人配偶者に関する書類
・戸籍謄本
・住民票

◇会社員の人(本人または扶養者)
・在職証明書
・源泉徴収票(直近3年分)
・給与明細書(直近3カ月)

◇会社経営者の人(本人または扶養者)
・登記事項証明書
・定款(写し)
・営業許可書(写し)
・法人税務申告書控えの写し(過去3年分)
・会社案内
・事業所における公的年金及び公的医療保険の保険料に係る資料(直近2年分)

◇身元保証人に関する資料(日本人の配偶者がなります)
・身元保証書
・住民票
・住民税の納税証明書(直近1年分)
・源泉徴収票(直近1年分)
・在勤及び給与証明書

◇その他書類
・勤務先の代表者が作成した推薦状
・表彰状、感謝状など

※ 上記以外の書類が必要となることがあります。
※ 上記書類は、申請者の状況により異なる場合があります。

【共通書類】
・永住許可申請書
・パスポート(原本)
・申請理由書
・履歴書(申請人の在留歴、学歴、職歴、身分関係変更歴など)
・住民票(家族全員の分)
・自宅の賃貸借契約書(写し)※持ち家の場合:登記事項証明書
・自宅の写真(外観、玄関、キッチン、リビング、寝室)
・スナップ写真(家族と写っているもの)3枚以上
・住民税の納税証明書(年間の総所得・納税状況が記載)過去年分
・源泉所得税及び復興特別所得税,申告所得税及び復興特別所得税,消費税及び地方消費税,相続税,贈与税に係る納税証明書(その3)※該当しない税目も全て記載してあること
・ねんきん定期便(全期間の年金記録情報が表示されているもの)、または、ねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面(2年分)
・国民健康保険被保険者証、または健康保険被保険者証(写し)
・預貯金通帳(写し)
・最終学歴の卒業証明書or卒業証書(写し)

【人によって異なる書類】
◇会社員の人(本人または扶養者)
・在職証明書
・源泉徴収票(直近5年分)
・給与明細書(直近●カ月)

◇会社経営者の人(本人または扶養者)
・登記事項証明書
・定款(写し)
・営業許可書(写し)
・法人税務申告書控えの写し(過去5年分)
・会社案内
・事業所における公的年金及び公的医療保険の保険料に係る資料(直近2年分)

◇身元保証人に関する資料(日本人または永住者の方に依頼)
・身元保証書
・住民票
・住民税の納税証明書(直近1年分)
・源泉徴収票(直近1年分)
・在勤及び給与証明書
・申請人との関係を説明する文書

◇家族に在留資格「家族滞在」の方がいる場合
(韓国人の場合)
・婚姻関係証明書
・基本証明書
・家族関係証明書
(中国人の場合)
・結婚公証書
・出生公証書
(その他の国の方)
次のいずれかの書類で、身分関係を証明できる書類
・戸籍謄本
・婚姻届受理証明書
・結婚証明書
・出生証明書

◇その他書類
・勤務先の代表者が作成した推薦状
・表彰状、感謝状など

※ 上記以外の書類が必要となることがあります。
※ 上記書類は、申請者の状況により異なる場合があります。

関連記事

 

お客様の声・セミナー

よく読まれている記事

Return Top
Translate »