東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

【永住申請】身元保証人を頼むときのポイント

永住申請で身元保証人のお願いをするのですが、引受けてもらえるか不安です。

日本人は身元保証人など「保証人」になる事を避ける人が多くいます。しっかり納得を得られずに断られる事も多く注意が必要です。

 

永住申請で身元保証人を頼むときのポイント

永住申請をする場合は、必ず「身元保証人」を用意しなければなりません。そして、永住申請のために「日本人」か「永住者」で、安定的に一定以上の収入があり、納税等をきちんとしている人に、入管法上の身元保証人になってもらえるようにお願いをしなければなりません。

しかしながら、この「身元保証人」は入管法上どのような性格なのかをしっかり説明できないと、借金の連帯保証人(民法)のように思われてしまい、お願いした人に断られてしまうことも頻繁にあります。

そこで、永住権申請のための入管法上の身元保証人について、以下にて解説をしていきます。

 身元保証人になれる人

日本人の配偶者等の在留資格の外国人は「日本人の配偶者」に、その他の在留資格の外国人は「日本人または永住者のみ」を永住申請の際の身元保証人にすることができます。通常は、勤務先の社長や昔から日本に住んでいる永住者の知人などにお願いすることが多いです。

身元保証人は、永住申請する人の身元を保証するため日本で安定した収入があることとされます。収入の目処は現時点では年間300万円以上くらいでよいとされています。

また、納税義務をきちんとはたしていることも求められています。永住申請する本人は、税金を支払っていることに加えて、納付期限を守ることまで求められていますが、身元保証人については納付期限の遵守までは要求されていません。また、社会保険への加入も現在のところ審査はされていません。

 身元保証人の責任

身元保証人は法務大臣に対して、永住申請をする外国人本人が日本に在留するに際して、滞在費・帰国費用・法令遵守の3つについて保証をする旨の「身元保証書」を入国管理局へ提出します。

ただし、この入管法上の身元保証人は、「道義的責任」であり、法律的な責任は負いません。つまり、滞在費と帰国費用を支払う法律的な義務は無く、身元保証をした外国人の法律義務違反についても監督責任のような責任は負いません。

※身元保証書の書き方がこちら※

例えば、永住申請した人が犯罪を起こして退去強制となった場合、身元保証人は道義的に帰国費用を支払うこともありますが、必ずしも帰国費用を支払う義務は無く、起こした犯罪についての責任を問われることもありません。ただし、身元保証をした外国人が問題を起こし、その道義的責任を果たせなかった身元保証人は、それ以降は別の外国人の永住申請のための身元保証人になることができなくなりますので注意が必要です。

身元保証人が見つからない場合、身元保証人を紹介してくれる会社もあるようですが、その場合は、ご自身と関係のない人がいきなり身元保証人になるわけで、紹介会社で身元保証人を用意したことが入国管理局に知られますので、審査上マイナスになる可能性がありますのでお勧めはしていません。

 

 身元保証人の提出する書類

身元保証人には、以下の書類を提出してもらう必要があります。これらの書類から身元保証人の方の収入や納税状況、申請人との関係などを判断していくこととなります。(※永住申請に関わる必要書類一覧はこちらから

・身元保証書
・住民票
・住民税の課税証明書(1年分)
・住民税の納税証明書(1年分)
・職業を証明する書類(会社員:在籍証明書、事業主:登記簿謄本、直近期の税務申告書)
・申請人との関係を証明する書類
なお、身元保証人が永住申請する人に所得などを知られたくない場合は、身元保証人の方から当事務所へ直接課税証明書等の書類をお送りいただくことも可能です。

 

身元保証人をお願いするときの説明資料(ご参考)

通常、「身元保証人」と聞くと、お金を借りたときの連帯保証人を連想してしまいがちで、「入管法上の身元保証人とは何なのか」をしっかりと説明をしないと機械的に断られてしまうことも想定されます。このペーパーをもとに説明をすれば理解を得やすくなると思います。

(ご参考)
【永住申請における身元保証人についてのご説明】

 

 身元保証人に断られたとき

外国人の方が、身元保証人に口頭やメールで「身元保証人の責任や必要な書類」などを説明しても、理解が得られずに断られる事が多くあります。これは外身元保証人との人間関係や身元保証人の性格にもよりますが、「言っていることが本当なのかどうか?」「実は将来何かのリスクがあるのではないか?」という不安が残っているためです。

そこで、永住申請を専門家に依頼し、専門家から直接身元保証人に「身元保証人の責任や、実際に身元保証人になった人の事例、必要書類の秘密保持(申請人の外国人には明かさない)」について説明をしてもらえると、身元保証人になってもらえる事が多くあります。身元保証人の日本人からすると、内容は理解をしていても、一度専門家から話をききたい(=大丈夫だという確証を持つため)というニーズは多くあります。

当事務所でも、永住申請をご依頼いた方に限定して、直接電話等で、身元保証人に対して、永住申請における身元保証人制度について説明していますので、必要であればお問い合わせください。

(併せて読みたい:永住を自分で申請するリスク・自己申請するリスク)

 

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャルグループと米モルガン・スタンレーとのジョイントベンチャー)で企業の資金調達やM&Aなどのアドバイスを行う投資銀行業務に従事。在職中、現場業務に従事しながら従業員組合中央執行委員として職場内の外国人や女性の活躍などのダイバシティ推進、労務環境改善活動に従事。専門は外国人の在留資格手続きに関わるコンサルティング及び財務コンサルティング。入国管理局申請取次行政書士・CFP(Certified Financial Planner)・日本証券アナリスト協会検定会員

たった3分の簡単入力!
無料で相談してみる

コンチネンタル「LINE@」キャンペーン!!
コンチネンタ友だち追加ルLINE@ではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご依頼もOKです!

 

セミナー

お客様の声

よく読まれている記事

Return Top
Translate »