東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】対面・オンラインで全国対応可(所管庁のオンライン対象業務)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

教授の在留資格からの永住申請(多数優遇アリ)

現在、大学教授・助教授・常勤講師などの教授の在留資格を持っています。大学教員等は、永住許可が緩和されると聞きました。どのような場合が該当しますか?

高度専門職の点数を計算した時や一定の条件を満たすと、最短1年から3年または5年の在留で永住が許可される可能性があります。

 

 

教授の在留資格からの永住申請

永住許可は、通常10年以上日本で在留し、そのうち5年以上就労資格で在留することとなっていますが、大学の教員等で「教授」の在留資格を持つ外国人には、各種の優遇措置が設定されています。

高度専門職1号イの点数を計算した時に、一定以上の点数がある場合は最短1年または3年の本邦在留で永住許可が得られる可能性があります。これは、現在の在留資格が高度専門職なくてもよく、教授の在留資格でOKです。

また、高度専門職のポイントが所定の点数に足らない場合でも「日本国への貢献(教育・研究分野)があった」として5年間の本邦在留で、永住許可が得られる可能性があります。

実際に、大学教員等は上記の優遇措置に該当する人も多くいますので、ご自身の状況を今一度検証してみることをお勧めします。

教授の在留資格からの永住申請優遇措置(日本での滞在年数)
高度専門職ポイントを計算した時に70点以上の場合(最短1年または3年)
教育・研究の分野で日本国への貢献があったと認められた場合(最短5年)

 

 

①高度専門職1号イのポイントを計算した時に70点以上の場合

大学教員や研究者は、高度専門職1号イのポイントを計算した時に、永住申請をする時点と申請から1年前にそれぞれ80点以上であれば最短1年の本邦在留で永住許可を取得できる可能性があります。

また、同じように申請時点と申請から3年前にそれぞれ70点以上であれば、最短3年の本邦在留で永住許可を取得できる可能性があります。

先ずはご自分の高度専門職のポイントを計算してみてください。

大学教員等は、博士の学位を持っている場合高得点(+30点)を得られるほか、日本の大学の出身者(+10点)、所定の出身校(+10)によっては点数加算あり)、責任者者として学術論文データベースに掲載されている学術雑誌に掲載された論文が3本以上(+20点)などで加点されるため、その他の職歴、収入、年齢及び日本語能力の点数などとあわせると、高度専門職1号イの基準点数以上となる可能性が高くあります。

 

②教育・研究の分野で日本国への貢献があったと認められた場合(最短5年)

年齢、職歴、収入、日本語能力などから高度専門職1号イの点数に足りない場合であっても、「教育・研究の分野での日本国への貢献」のスキームが検討できます。

日本国への貢献があったと認められるかどうかの判定は、大学教員等の場合、「日本の大学」で原則「常勤」で「概ね3年以上」教育活動に従事している/またはしていた教授、准教授、講師が該当するとされています。また、研究者としては、学術雑誌等への論文の掲載や、その論文の引用などが評価の条件となっています。

 

(併せて読みたい)永住申請の条件解説(通常の申請)
(併せて読みたい)高度専門職ポイントを利用した永住申請
(併せて読みたい)なるべく早く永住許可をもらうためには

 

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)| CFP・証券アナリスト・行政書士

1977年生まれ。外国人在留資格(ビザ)専門の行政書士。証券会社出身、金融機関では法令や制度の調査、管轄する役所などとの交渉、お客様(クライアント)にとって最適な選択肢や方法などをアドバイスする業務に従事。

永住申請などの外国人在留資格においても、行政書士資格とファイナンシャル・プランニングの知見、お役所への交渉ノウハウなどを駆使しながら、在留状況、法令順守の状況、経済力、高度ポイントの証明などが困難な事案にも積極果敢に挑む。休日の楽しみは、アイドル現場、散歩、夜ホッピーを飲みながら映画を見ること。ネコたちと遊ぶこと。

 

たった3分の簡単入力!
相談してみる

【外国人のみなさま】
◆ 日本で働きたい
◆ 日本で会社を作りたい
◆ 結婚したい
◆ 永住したい
◆ 日本国籍をとりたい

 

コンチネンタル「LINE@」「WeChat」キャンペーン!!
友だち追加
LINE@、WeChatではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご依頼もOKです!WeChatも歓迎します!

 

お客様の声

お客様の声の一覧をみる
Return Top
Translate »