東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

証券マンだったおかげでビビらなくなったお話

月に一度しか更新していないブログですが、今回もろくな話ではありません。

今日は証券会社の経験のおかげで、何をやっても概ねはビビらなくなったことについてお話したいと思います。もちろん小心者なので緊張感は常に持っています!笑

証券会社に入ると通常は本支店などで個人営業からスタートします。僕も個人営業から初めてました。社会人になって2年だけ個人営業に従事した後、当時ベンチャー企業のIPO(株式上場)が流行っており、そのベンチャーIPO部門で年商数十億円から数百億円前半くらいのベンチャーや中小企業を担当しました。今のDeNAやGREEが上場する前の時代です。

それまで地元の個人や個人事業主を相手にしていたので、商法(会社法ができる前)やら新株予約権やらの話が訳が分からずに泣きました。特にベンチャーは大企業では肌が合わないようなとんがった人、変わった人が多いので、金融マンへのあたりがキツイ人も多いです。結構いじめられました(いろいろな事が分かってきた後で、大人に意地悪されていたことに気付くものです・・・笑)。

その後、リーマンショックで、IPOブームが終焉し、IPO市場そのものも実質無くなってしまったので、上場企業の担当(カバレッジといいます)となりました。上場企業というと誰でも知っているような有名企業を想像しますが、日本には4000社くらいの上場会社があり、一般の人は名前を知らない上場会社が沢山あります。そのなかで中堅クラスと言われる時価総額1000億円前後(業種にもよりますが年商だと1000億円くらいでしょうか)を担当しました。

ベンチャー企業からすると大企業です。自社ビルで綺麗な秘書さんや受付嬢がいたりします。そして、企業情報開示の法律や規則の定めがあります。自社株が取引上で売買されインサイダー取引規制や大量保有報告義務、ファイナンスウィンドウなどの上場会社特有の多くの規制があります。それらの規制を踏まえてどのような取引が最も妥当かなどをアドバイスするのが証券会社の担当者です。

上場会社の経営企画や財務の部長さんや課長さんから質問されることが一切答えられず、本当に泣きました。

それから、大分経ちますが、証券マンを退役する間際は、年商10兆円以上、従業員数十万人、時価総額日本トップクラスのグローバル企業グループを担当しました。日本にはそれ以上大きな会社はありません。日本では最先端の金融取引の検討をしていますし、世界中の子会社群で様々な金融取引を行なっています。

そこで働くスタッフもやはりトップクラスの人材ですし、かつ、CITIやゴールドマン・サックスなどのグローバル金融機関も日参するため、情報量の多く、そして、常に最新の情報をいち早く得ています。圧倒的な情報量とスピードを誇る秀才のお客さんに対応できずに泣きました。かつその企業グループを担当をする他社の証券マン・金融マンは各社の選りすぐりの精鋭部隊・エリートです。各社一番優秀な部類の人が投入されています。敵には僕のような出来の悪い3流の男はいません。なぜ、そんな大事な部隊と作戦に自分が徴用されたのか今でも不思議です。泣くくらいでは済まず自律神経がおかしくなったこともありました。笑 おそらく、僕は「ヤクザの鉄砲玉」的な扱いだったのかと。

でも、どうでしょうか、そのおかげで、今はある意味、企業取引においては、怖いものはありません。どんな日本の大企業の案件でもビビらなくなりました。日本一大きな会社の深い論考、最先端の取り組みをするマニアックな会社、を相手になんとか生還することができたので、自信になりました。

もちろん、大企業での大勢の優秀な上司や同僚、チームに支えられてなんとか応戦してこれたわけですが、今までの体感として、「この規模の企業であればこのくらい?」とか「この担当者ならこのくらい?」とか「この人数だとここは手が回ってないだろうな?」とかの肌感覚があります。

それに応じて、こちらも、具体的に誰に援軍を求めるか、または、動員する人手がどのくらい必要かの目算がつきます。

証券マンの中でも個人営業から始まり、ベンチャー企業、中堅上場企業、世界的大企業まで、全てのステージの企業を担当できた人はそうそういないと思います。通常、大企業担当者は、投資銀行部門の大企業担当の見習い(ジュニアバンカー)から入り、特定の業種(セクター)のみを担当するので、ベンチャー企業や中堅上場企業・オーナー社長をベタに担当するようなことはありません。

もちろん、僕みたいな出来損ないは、新聞の一面に載るような大仕事、政府の仕事をこなす方々にはとても敵いません。こちとら、それを十分に理解して、僕のような不肖者は早く身を引いた方が、世話になった会社組織のためにも良いと思い、割増退職金も貰わずに、ひっそりと退役したのですから。笑
(聞き分けの良いオトコでしょ?!)

と言うことで、ここまでの金融マンの人生を、周りの皆様、神様に感謝しております。
ちなみに、独立して現在の仕事を始めた時の初仕事は、某財閥系の大企業でした。まあ、怖くて泣きました。

Ende

お客様の声・セミナー

よく読まれている記事

Return Top
Translate »