東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

特定技能の想定される問題 その2(受入れ機関の事業領域)

1つの法人で複数の事業をしています。主な事業は特定技能の対象になっていません。受入れ機関(企業等)になれますか?

当然にそのようなケースは多数あると思いますが、現時点では不明です。入管当局の審査方針がどう運用されるか注目されるところです。

 

 受入れ機関(企業等)の事業が特定技能の対象となるか

特定技能の受入れ機関の営む事業が対象事業となるかどうかについての想定される問題について、2つほどモデルケースをもとに書き起こしてみました。

外国人が特定技能ビザで働くためには、受入れ機関(企業等)がその対象職種を営んでいる必要があります。ここで問題になるのが、その企業が特定技能の在留資格の対象となる事業を営んでいるかというところです。

 

 1つの法人でたくさんの業種の事業を行っている場合

1つ目は、同一法人で多くの事業を営む企業で、その企業が風営法関連の場合どういった取り扱いになるかと言うことです。例えば、本業がパチンコチェーン(風営法4号)やキャバクラ(同1号)を主な事業として運営している企業が、数店舗だけの大衆居酒屋を経営していて、そこに特定技能外国人を入れたい場合です。

エンティティは1つで複数の事業をしている状況で、主たる事業は風俗営業です。特定技能ビザでは風俗営業で働くことはできませんし、特定技能(外食)では、風営法上の接客(いわゆるキャバクラのようなところで働くイメージです)なども禁止されています。このような場合、特定技能外国人の職務内容が本当に大衆居酒屋での業務になると保証できるエビデンスをどうするかは大きな論点になり得ます。

もしかしたら、性悪説的に考えると、特定技能外国人の受入後に、勝手に社内手続きで部門異動させて風俗業務部門に従事するかもしれませんし、そうなっても、所属企業や給料の出所も変わらないので(会社の規模が小さければ、会社組織上の部署なども分かれていないと思います)、入管当局は、リアルタイムには把握しにくい案件です。

上記はわかりやすくするために、風俗営業を主に営んでいる事業者をあげていますが、特定技能の在留資格に該当しない職種を営む企業で、特定技能ビザの対象の事業も営んでいる企業のケースは当てはまります。例えば、コンビニFCチェーンが居酒屋もやっていると言うようなケースです。

 事業の一部のみが対象となる場合

また、製造業などで、次に明確に事業の領域がはわかりにくい場合にも判断に難しいケースが想定されます。例えば、製造業で特定技能の対象に入る事業と、対象とならない事業を複数並存して営んでいる企業や、サプライチェーンの中で一部の領域だけ対象となるような場合です。このような場合、対象業務での就労をどのようにエビデンスとすれば良いかは問題になり得ます。

※現在、対象とならない事業は今後適宜対象となる可能性も検討されるようです。

こちらも、性悪説的に考えると、特定技能外国人の受入後に、勝手に社内手続きで部門異動させて、特定技能の対象となていない人出の足りない部門で従事するかもしれませんし、そうなっても、所属企業や給料の出所も変わらないので(会社の規模が小さければ、会社組織上の部署なども分かれていないと思います)、入管当局は、リアルタイムには把握しにくい案件です。

 さいごに

今般の新法案へ慎重な世論もあり、新しく立ち上がる入管当局は(新しい長官と法務大臣、新法案を通した政権与党)のメンツにかけても、当初厳格な審査を行うと仮定すると、かなり保守的な運用がなされることも想定されます(その分、現場ではかなり混沌とした状況も)。

コンチネンタルでは、既存の在留資格申請と同様に、正しい事実関係を、合理的な理由で、しっかりとしたエビデンスとともに主張立証していくほかないと考えています。上記のようなシチュエーションにありましたら是非一度周りの専門家などにご相談ください。

※上述の文書は、執筆時点における、あくまで一考察であり、その正確性や将来の確実性を保証するものではありません。詳しくはディスクレーマーをお読みください。

コンチネンタル・リサーチ&コンサルティング株式会社
コンチネンタル国際行政書士事務所
代表取締役兼代表行政書士 村井将一

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)
1977年生まれ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャルグループと米Morgan Stanleyのジョイントベンチャー)で企業の資金調達やM&Aなどのアドバイスを行う投資銀行業務に18年間従事。在職中500人を超える起業家や上場企業経営者に対して事業計画や資本政策などの財務・資本戦略についての助言を実施

専門は外国人の在留資格手続きに関わるコンサルティング及び財務コンサルティング。趣味は日本人アイドルのコンサートとディカプリオ映画と猫と遊ぶこと。
入国管理局申請取次行政書士・CFP(Certified Financial Plannner)・日本証券アナリスト協会検定会員

たった3分の簡単入力!
無料で相談してみる

【外国人のみなさま】
◆ 日本で働きたい
◆ 日本で会社を作りたい
◆ 結婚したい
◆ 永住したい
◆ 日本国籍をとりたい

【事業主のみなさま】
◆ 外国人を雇いたい
◆ 入国管理局への申請をしてほしい

コンチネンタル「LINE@」キャンペーン!!
コンチネンタ友だち追加ルLINE@ではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご質問もOKです!(無料です)

お客様の声・セミナー

よく読まれている記事

Return Top
Translate »