東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

座右の銘:慎独の精神

こんにちわ!MURAIです。今日は座右の銘について書きます。

座右の銘というと、多くの言葉を見聞きします。外国の方もその国の格言などがあって、それを座右の銘にしている人が沢山います。

私は、いくつかあるのですが、「慎独」です。

「慎独」とは、中国の古典『大学』『中庸』などに出てくる言葉で、「人のいないところでも身を慎み,人として正しいの道を守っていく」ことをいいます。

日本には、「誰も見ていなくても、お天道様が見ているぞ!」という言葉があります。キリスト教世界では、神と自分の関係なので、誰も見ていなくても神が見ているという考え方がありますが、似ているようなものだと思います。

「慎独」は、神様などが見ているかも別として、常に自らを律しなさいという考え方です。

起業家は、誰も自分を律してくれる人はいません。そして、極論を言うと、自分と意見の合わない人、付き合いたくないお客さんとは付き合わなくてもいいわけです。堕落した生活を送ることも自由です。その反面で、それらのリスクは全て自分に跳ね返ってきます。そのリスクは自分だけでなく自分に関係する家族や従業員、取引先にも波及します。

したがって、社長業の人はみな、自らを律していけないとなりません。

実戦における成功は社長の学識によるものではなく、大切なのは社長の能力です。そして、能力の根源とは人格です。学識は能力の一要素に過ぎません。

自分に厳しく、人には優しく。ん、難しい。

お客様の声・セミナー

よく読まれている記事

Return Top
Translate »