東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

(就労ビザ)障害者施設での外国人雇用

障害者福祉施設で外国人スタッフを雇用することは可能でしょうか?

障害者福祉施設での職務内容が社会福祉士に求められるような専門的なもので、外国人の学歴等とmeetする場合は対象になりそうです。

 

 障害者福祉施設での外国人の雇用は可能か?

障害者福祉施設の仕事内容が、「入国管理局から技術・人文知識・国際業務で求められる仕事とみなしてもらえるか」がポイントになるかと思います。結論から言うと、最近の入管の審査厳格化の流れで上記の職務内容の専門性を認めてもらうのは難しいと思いますが、看護の資格のある人など可能性がある人はチャレンジしてみても良いかもしれません。

 障害者福祉施設での業務について

障害者福祉施設での業務は、障害者総合支援法に基づく就労継続支援A型、就労継続支援B型、就労移行支援に関わるいずれかの施設で業務に従事すると思います。実際に雇用されて働くとなると、就労継続支援AまたはB型などの職業訓練員・生活支援員が相当してくることが考えられますが、求人している職種の具体的な職務内容はそれぞれ具体的にどのような内容かがポイントになります。

例えば、社会福祉士の資格を持っていることが望ましいとされていますが、同じ職種の各社の求人内容を見ると、「無資格・未経験可」での日本人を求人しているケースも多く見受けられますので、求人している職務内容が専門的技術的な素養を求めるものなのかが焦点となります。

候補者となる外国人の方が、実際に就く職務は、単純な介助など誰でもできることではなく、専門的技術的な素養を背景としなければ就くことができない仕事の内容である必要があります。(実際そこで働いている日本人のキャリアも参考になると思います。)

他方で、職務内容が社会福祉士の資格を持っていたり、それに求められる素養や看護や栄養学に関係するものを大学で具体的に専攻している場合などでは、チャレンジしても良いかもしれません。ただし、実際は「無資格・未経験者可」で誰でもOKと言うように採用しているならば、楽観視はできません。

(社会福祉士の科目・ご参考)

  1. 人体の構造と機能及び疾病
  2. 心理学理論と心理的支援
  3. 社会理論と社会システム
  4. 現代社会と福祉
  5. 地域福祉の理論と方法
  6. 福祉行財政と福祉計画
  7. 社会保障
  8. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  9. 低所得者に対する支援と生活保護制度
  10. 保健医療サービス
  11. 権利擁護と成年後見制度
  12. 社会調査の基礎
  13. 相談援助の基盤と専門職
  14. 相談援助の理論と方法
  15. 福祉サービスの組織と経営
  16. 高齢者に対する支援と介護保険制度
  17. 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  18. 就労支援サービス
  19. 更生保護制度
この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャルグループと米モルガン・スタンレーとのジョイントベンチャー)で企業の資金調達やM&Aなどのアドバイスを行う投資銀行業務に従事。在職中、現場業務に従事しながら従業員組合中央執行委員として職場内の外国人や女性の活躍などのダイバシティ推進、労務環境改善活動に従事。専門は外国人の在留資格手続きに関わるコンサルティング及び財務コンサルティング。入国管理局申請取次行政書士・CFP(Certified Financial Plannner)・日本証券アナリスト協会検定会員

たった3分の簡単入力!
無料で相談してみる

コンチネンタル「LINE@」キャンペーン!!
コンチネンタ友だち追加ルLINE@ではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご質問もOKです!(無料です)

 

お客様の声

よく読まれている記事

Return Top
Translate »