東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

家族滞在ビザに求められる年収水準

家族滞在ビザで家族を呼ぶときに必要な年収はいくらくらいですか?

一定の目安はありますが、家族構成などによって必要と目される年収は異なります。

 

 必要な年収の目安となる金額の考え方

家族滞在ビザで必要な年収の金額の考え方ですが、1つは居住する地域が定める世帯人数に応じた生活保護の支給基準となる金額が最低ラインの目安となります。ただし、本国から家族を呼ぶにあたって日本の生活保護(=日本政府に経済的な負担がかかる)に抵触してしまうと許可をするわけにはいきませんので、その水準は超えている必要があります。

では、どのくらい超えていれば足りるといえるのでしょうか?筆者は、永住申請で求められるとされる水準も、実務上では、もう一つの目安になり得ると考えています。永住申請で求められる水準は日本の平均的なサラリーマンの年収をモデルにしているように感じているからです。ちなみに、勤務先の福利厚生の状況にも多きく左右すると考えられます。福利厚生の良い会社では月額本人負担3万円くらいでファミリータイプのマンションに住めることもあります。水道光熱費も定額の会社もあります。

なお、収入の証明については、給与明細や実際に振り込まれた銀行の通帳などを証拠として提出することになるでしょう。また、収入の水準が低い場合には支出サイドの説明も必要でしょう。さらには、物理的な居住スペースの確保も求められます。例えば、ルームシェアの状態(入国管理局ではルームシェアをしている人は把握しています)や学生専用マンションでの滞在などでは、ファミリーが暮らすには非適切とされ不許可になる事案が見受けられます。

 扶養者(日本に呼ぶ人)の資力が必要

家族滞在ビザでは、日本に外国人を呼ぼうとする扶養者(の外国人)の資力・経済力が求められます。例えば、呼ばれる側に十分な預貯金や在外資産があるなどの場合であっても、日本で呼ぶ側の外国人に十分な経済力が認められなければ、家族滞在ビザは不許可になる可能性があります。家族滞在ビザは、あくまで呼ぶ側の扶養の意思と扶養能力が求められます。なお、その扶養者はあくまで日本に安定的継続的に在留していることが必要です。家族滞在ビザで家族を日本に呼ぶのに当の本人が長期間日本に滞在しておらず、外国を転々としている状態にあっては、家族滞在ビザは認められえません。

 Attention

ちなみに、乳飲み子(赤ちゃん)には一定の年齢になるまでパスポートを交付しない国や地域があるようです(法律だけでなく現地の慣行のようなものも含め)。それらの国や地域から家族を与三とする場合には、母国の制度を十分に確認する必要があります。

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャルグループと米モルガン・スタンレーとのジョイントベンチャー)で企業の資金調達やM&Aなどのアドバイスを行う投資銀行業務に従事。

在職中、現場業務に従事しながら従業員組合中央執行委員として職場内の外国人や女性の活躍などのダイバシティ推進、労務環境改善活動に従事。専門は外国人の在留資格手続きに関わるコンサルティング及び財務コンサルティング。

入国管理局申請取次行政書士・CFP(Certified Financial Plannner)
日本証券アナリスト協会検定会員

たった3分の簡単入力!
無料で相談してみる

【外国人のみなさま】
◆ 日本で働きたい
◆ 日本で会社を作りたい
◆ 結婚したい
◆ 永住したい
◆ 日本国籍をとりたい

【事業主のみなさま】
◆ 外国人を雇いたい
◆ 入国管理局への申請をしてほしい

コンチネンタル「LINE@」キャンペーン!!
コンチネンタ友だち追加ルLINE@ではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご質問もOKです!(無料です)

お客様の声・セミナー

よく読まれている記事

Return Top
Translate »