東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

特定技能ビザでフィリピン人を雇用する場合の注意点

特定技能ビザの申請で、フィリピン人の場合は、他の国と手続きが違うのでしょうか?

フィリピン国籍の人を雇用する場合、特定技能においても、フィリピン海外雇用庁(POEA)の審査等の独自の手続きが必要です。

 

 フィリピン独自の就労ビザに関する規制

フィリピンは、人口数の割に能力に見合う仕事が少なく就職難であることから、海外で働く人が多いです。日本だけでなく、香港や中東圏、カナダなどの北米といった英語圏で多くフィリピンの人が働いています。

そこで、海外で働くフィリピン人の権利を守るために、フィリピンには海外雇用庁(Philippine Overseas Employment Administration /POEA)という役所があります。フィリピン人が、外国で就労するに際して、POEAが事前に外国の勤務予定先の審査し、当該勤務先の現地での登録情報や、勤務先(雇用主)とフィリピン人労働者との契約内容が適正かどうかがチェックされます。従って、フィリピン人を特定技能ビザで雇用しようとする場合には、事前にPOEAの審査を受けなければなりません。

なお、日本において手続きをする場合、POEAの海外出先機関であるPOLO(Philippine Overseas Labor Office)で行うことになります。現在、日本におけるPOLOは、フィリピン大使館(東京港区六本木)の中にあります。

 特定技能に関わるフィリピン政府のガイドライン

日本政府はフィリピン政府との間で特定技能に係る協力覚書(二国間取決め)を締結し、これに基づきフィリピン労働雇用省(DOLE)が「特定技能の在留資格における日本への労働者の送出しに関するガイドライン(英文)」を公表しました。

このガイドラインには、各種関連用語の定義の他、送出機関の公表、海外雇用証明書(OEC)の発行条件や手続き、労働者からの費用徴収等について記載されています。

特に、日本の1つの受入れ機関で5人以下の労働者を雇用する場合は、所定の手続きを経ることで送出機関(Sending Organization)を介さずに受入機関が直接労働者を雇用できることや、受入れ機関が送出機関と契約する場合には契約できる送出機関の数に制限があること等、フィリピン特有のルールについても規定しています。

なお、ここでいう送出機関とは、POEAからライセンスを受けたPhilippine Recruitment Agency(PRA)の事業者を指します。それらの事業者の名称や基礎情報がPOEAから日本当局に伝達されています。

ガイドラインの運用実務についてはPOEA又はPOLOへ確認することが必要です。

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)
新しい在留資格制度に関わるビジネスモデル構築コンサルタント

1977年東京都生まれ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャルグループと米Morgan Stanleyのジョイントベンチャー)において企業の資金調達、M&Aや株式公開等に関わるアドバイザリーなどの投資銀行業務に18年間従事。

新規上場をめざすベンチャー企業から世界的大企業までの500人以上の起業家やマネジメントに対して資本政策や財務戦略等についてのアドバイスを実施。上場企業経営陣に対する株式での経営者報酬スキームの日本国内初導入案件を担当するなど新しい制度改定にも積極的に取り組む。

外国人起業家への起業支援及び国内企業に対しての新しい在留資格制度に関わるビジネスモデル構築のコンサルティングに従事。

日本証券アナリスト協会検定会員
Certified Financial Planner(CFP)
申請取次行政書士(東京都行政書士会 港支部所属)

たった3分の簡単入力!
無料で相談してみる

【外国人のみなさま】
◆ 日本で働きたい
◆ 日本で会社を作りたい
◆ 結婚したい
◆ 永住したい
◆ 日本国籍をとりたい

【事業主のみなさま】
◆ 外国人を雇いたい
◆ 入国管理局への申請をしてほしい

コンチネンタル「LINE@」キャンペーン!!
コンチネンタ友だち追加ルLINE@ではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご質問もOKです!(無料です)

お客様の声

よく読まれている記事

Return Top
Translate »