東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

高度専門職の起業(番外編)

高度専門職の起業(番外編)
日本人の友達に会社作らせて実質事業主として活動する

先日、高度専門職の人から、高度専門職の在留資格を維持したまま、個人事業主として活動したいという相談がありました。高度専門職の在留資格を取得して間もなく、永住申請や高度専門職2号への移行はできません。この場合、経営管理ビザを取得するしか無いわけですが、日本人の友達に自分のお金を貸して、それで会社を作らせ、自分がそこでは働くことにして実質は自分の会社。顧客は自分の知り合い(本邦の起業ではない)からの受注が見えている。そうすれば、500万円の資本金も別途オフィスも必要ないというものです。

「それ友達もやってる。できないわけない。」

でも、それはお勧めしませんでした。入管法の虚偽申請になります。虚偽申請は重いペナルティや刑罰まであります。それに専門家として虚偽申請に少なくとも私の名前は残すわけにはいきません。いずれにしても、それで取り繕うとしても、新設会社の事業計画書や会社の実態など経営管理を新規で取得するのと同じくらいの労力がかかるはずです(=それなら経営管理ビザ取った方がよい。)。本人からお金を貸している時点でばれますし、日本人社長は現在の会社員を継続するらしいのですが、それも入管当局には判ります。それで申請して虚偽申請で不許可とされれば、現在の在留資格の取り消し→退去強制事由につながります。退去強制となれば今後5年間の上陸拒否となります。3年以下の懲役などの刑罰もあります。そうなれば、経営管理ビザ取得も永住申請も出来なくなります。
ご参考:虚偽申請のリスク

本人はあまり納得していないようでしたが、「適当に書類書けば大丈夫。それ友達もやってる。」と言って安易に手を汚してしまうと取り返しのつかないリスクが待っています。十分に注意してください。

お客様の声・セミナー

よく読まれている記事

Return Top
Translate »