東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

【外国人の会社設立】経営者(チーム)の略歴

 経営チームの考え方・見せ方

起業する場合は、外国人にかかわらず、創業社長と共同創業メンバーのプロフィールを、できるだけ魅力的に事業計画書に記載して、読み手からは、この経営者・経営チームならば十分に可能性があるという印象を与えなければなりません。

特に、経営管理ビザを複数の経営者で取得しようとする場合は、実務では一人あたり500万円以上の出資をすることは必須として、明確な役割分担が必要ですので、その役割分担をする合理的なキャリアやバックボーンをなるべく具体的に書いていくことが必要です。

また、営業戦略としても、顧客に「この人たちのサービスならば良いサービスかもしれない」と思ってもらえるような、伝えかたも必要です。

説得力のある見せ方

学歴、仕事上の経歴に加え、事業への知見、事業を成功させる上で重要な経験、スキルなどは、この経営者・経営チームが事業を成功させられるのではないかという説得力を増します。

もし、ある程度有名な事業、サービスの開発などに関わったことがある場合には、具体的に何に携わったか、どのような成果をあげたのかを数値などをまじえて具体的に書くと効果的です。

なお、始めようとする事業の第一人者として、すばらしい学歴や職歴がある人は説明がしやすいですが、そうでない場合の方が多くあります。その場合は、市場を細分化してこの市場であれば、自分の経歴で十分以上に戦えるのだということを示すこともできます。

例えば、私の場合で見ると、外国人ビザを専門に活躍されているベテランの先輩行政書士の先生は大勢います。それに中国専門、韓国専門、ベトナムなら任せろ!みたいに、みなさん様々な得意分野を持っていてとても優秀です。私は埋もれてしまいます。

一方で、金融マンとしてはどうでしょうか?金融マンとしても、日本や世界のトップクラスのバンカーは、年間数百万ドル以上の報酬をもらい、その能力も想像もつかないくらい世界のエリート層として活躍する聡明な人たちです。私のような凡人の金融マンではその世界でトップクラスを目指すことは難しいです(笑)。

ただし、外国人の日本での起業支援の分野ではどうでしょうか?経営管理ビザをはじめとした外国人ビザの手続きの専門とする行政書士であって、金融マンとして500人以上の起業家のビジネスプランを支援、社員数人のベンチャーから大企業財務まで携わってきたという人は少ないと思いますので、この分野であれば、十分に戦えますと説明は付きやすいのではないでしょうか?(実際に取引金融機関にはそのように説明をしています)

経営者の資質とは?

事業の成功は、創業社長がどのくらいアグレッシブ、かつ、賢く事業に取り組むか、どのくらい死に物狂いで推進するかに大きく依存します。

その事業や顧客・ユーザーについて、何時間でも語り続けられるほど研究熱心で、何が何でも成功させると断言するほどの取り組みがあって初めて成功するものです。とりあえず、他のビザを取れる要件がないので経営管理ビザを取りたいというような浅い気持ちでは、まず、事業がすぐに立ち行かなくなり、次のビザの更新では更新不可能になることでしょう。500万円などという資本金はすぐに底をついてしまいます。

私が参考にしている古来からの戦略論や将帥の教本、尊敬する高名な経営学者などの教えでは、その事業に対して、誰よりも深く考え、何が何でも成功したいという気持ちがある。失敗しても決してくじけることなく、成功するまでやり続けたいという「熱量」。成長意欲が人並みはずれて強く、自分を成長させること、視野を広げること、新しいものにチャレンジすることに対して誰よりも熱心に取り組むような「向上心」。

そして、状況変化に応じて、何が最善か考え直すことが素早くでき、躊躇しない。自分の考えを持っているが必要に応じて修正することが抵抗なくできる「柔軟性」が必要とされていますが、私も耳が痛いです。

【事業計画書の構成に戻る】

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャルグループと米モルガン・スタンレーとのジョイントベンチャー)で企業の資金調達やM&Aなどのアドバイスを行う投資銀行業務に従事。

在職中、現場業務に従事しながら従業員組合中央執行委員として職場内の外国人や女性の活躍などのダイバシティ推進、労務環境改善活動に従事。専門は外国人の在留資格手続きに関わるコンサルティング及び財務コンサルティング。

入国管理局申請取次行政書士・CFP(Certified Financial Plannner)・日本証券アナリスト協会検定会員

たった3分の簡単入力!
無料で相談してみる

【外国人のみなさま】
◆ 日本で働きたい
◆ 日本で会社を作りたい
◆ 結婚したい
◆ 永住したい
◆ 日本国籍をとりたい

【事業主のみなさま】
◆ 外国人を雇いたい
◆ 入国管理局への申請をしてほしい

コンチネンタル「LINE@」キャンペーン!!
コンチネンタ友だち追加ルLINE@ではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご質問もOKです!(無料です)

 

お客様の声

よく読まれている記事

Return Top
Translate »