東京都港区のコンチネンタル国際行政書士事務所 │ 外国人の方の起業支援・就業・雇用に強い

外国人の方の「起業支援」「日本での就業・雇用」に強い、コンチネンタル国際行政書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(その他の地域はご相談ください)

03-6403-9897

電話受付時間 : 平日10:00−18:00 日曜&祝日休業(土曜日はご予約の方のみ)

メール対応は24時間受け付けております

お問い合わせはこちら

外国人学生のインターンシップビザの厳格化

外国の大学からインターンシップ生を呼びたいのですがどのようなビザ(在留資格)が必要ですか?

給料の有無、インターンシップ期間によって、特定活動、文化活動、短期滞在の3種類のビザが考えられます。

 

 外国人学生のインターンシップの種類

日本企業で外国人学生をインターンシップに呼び寄せる場合、インターンシップでの給料の有無や期間によって、「特定活動」「文化活動」「短期滞在」のいずれかのビザ(在留資格)が必要になります。それぞれに周囲すべき点がありますので下記で解説していきます。

インターンシップは、大きくは企業から給料が出るタイプと、給料が出ない(無給)タイプの2つになります。
給料が出る場合は「特定活動ビザ」、給料が出ない場合、インターンシップが90日を超える場合「文化活動ビザ」、90日以内の場合「短期滞在ビザ」になります。

(給料とは)
給与(報酬)が出るかどうかの判断は、インターンシップの活動を行う学生に対し、就労の対価として企業から支払われる金銭かどうかとされています。具体的には時間給や日額単価に勤務日数をかけた額の金銭が支払われた場合などが該当します。原則として渡航費用、住居費、食費などの実費弁償に該当するものは報酬に含まれません。

なお、報酬額についてはインターンシップの趣旨に鑑み制限は設けられていませんが、インターンシップ制度を安価な労働力の供給源として悪用する事案も発生しているため、①労働関係法令や②専攻との関係、③受け入れ態勢、④インターンシップの実態などは慎重に審査されます。

(在留期間)
ない、特定活動ビザで認められる在留期間は、1年を超えない期間で、かつ、通算して大学の修業年限の1/2を超えない期間内、として定められています。例えば、4年制大学の場合は、日本でインターンシップのために滞在できる期間は1回につき1年となり、通算では2年まで、ということになります。1年以上インターンシップを継続したい場合は、学生はいったん帰国し、再度新たに在留資格の認定申請をする必要があります(大学4年のうち2年間が単位取得のため日本企業内でインターンシップというのは明らかに変ですが・・・)。

 外国人学生のインターンシップの要件
①インターンシップが学校の単位として認められること

どちらにも共通するビザ取得の条件は「外国の大学の外国人学生が、その大学の教育過程の一部として日本企業等でインターンシップに参加し、その参加によってその大学で単位が認められる必要があります。そのため、インターンシップについての現地の外国大学と日本企業の間にインターンシップに関する契約書がある必要があり、その中でインターンシップを単位として認める旨の記載も必要となります。

(通信学生は該当しない)
インターンシップビザ(特定活動)に該当するためには、その学生が卒業または修了した者に対して学位の授与される教育課程に属するものに限られています。また、通信による教育を行う課程に属している場合は該当しませんので注意が必要です。

②受入企業の受入体制、指導体制の確保

インターンシップは、教育課程の一部であるため、当該インターンシップを実施する日本の企業において学生を受け入れる十分な体制及び指導体制が確保されている必要があります。実務上は、受入企業の概要やインターンシップで外国人学生を受け入れる理由、そのカリキュラム、受入、指導の体制などがインターンシップ計画書などで十分に説明されていることが必要です。様態によっては社会保険への加入状況などにも注意が必要です。

最近では、より具体的な受け入れ体制や学生への指導の方法(実地と座学)、指導者についても説明が求められていますので、規模の小さな事業者などでは十分な受け入れ体制が確保されていないという理由で不許可になる事例も散見されます。

インターンシップ計画書の内容
(当事務所がアドバイスします)
①インターンシップの指導体制(既存従業員の研修体制)
②講師の略歴、生活相談担当者の略歴
③講義の内容、実学(OJT)の内容とインターンシップでのゴール
④座学と実地のウェイト
⑤タイムスケジュール(月間、週間)
⑥会社の受入れ体制(社員寮、食事、社会保険その他各種保険、報酬、休暇)

 

③大学の専攻とインターンシップの職務内容が関係していること

インターンシップは,教育課程の一部として,単位習得等の学業の一環として実施されることが要件とされていますが、インターンシップの内容と学生の専攻との関連性についても留意する必要があります。以前は関連性は求められませんでしたが、現在は技術・人文知識・国際業務と同じような関連性が求められています。

例えば、海外の大学で機械工学について学ぶ学生が、大学の単位を取得するために、日本の機械メーカーにおいてインターンシップを受ける場合などです。大学生に企業の現場を経験させ、大学内では得ることが困難な実践的で幅広い見識と実社会への適応性を身につけさせるため、というのがそもそもの目的です。

また、単純労働とみなされる現業業務(ホテルの清掃、工場労働など)の労働力として従事することはできません。
=インターンシップの学生を単純労働力とすることはできません。

 必要書類(例)

インターンシップビザの必要書類の例は以下の通りです。審査厳格化によって、追加して疎明資料が求められることがあります。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書 1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm)
  3. 返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上,392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの) 1通
  4. 申請人の在学証明書 1通
  5. 申請人が在籍する外国の大学と日本の受け入れ機関との間で交わしたインターンシップに係る契約書の写し
  6. 申請人が在籍する外国の大学からの承認書,推薦状及び単位取得等教育課程の一部として実施されることを証明する資料
  7. 申請人の日本での活動内容,期間,報酬等の待遇を記載した資料
  8. 申請人のインターンシップでの過去の在留歴を明らかにする資料
    ※過去にインターンシップで日本に在留したことがない場合は,その旨を文書(書式自由)にして提出
  9. 申請人の在籍する大学の修業年限を明らかにする資料
  10. インターンシップ申請理由書
  11. インターンシップ計画書(カリキュラム、企業側の受入体制、指導体制を説明)
  12. インターンシップする企業の概要その他の疎明資料など
 まとめ

最近ビザ全般的に審査は厳しくなっていますが、インターンシップビザについても審査は厳しくなっています。インターンシップの名を借りて、実際、実質的には企業側の短期的な安価な単純労働力の確保ではないかという案件なども散見されるからです。特に初めてインターンシップを受け入れる場合の審査は特に厳しなっていますし、これまでは通ってきた案件でも、今までと同じく申請して不許可になったという事例も見受けられます。

大学生に企業の現場を経験させ、大学内では得ることが困難な実践的で幅広い見識と実社会への適応性を身につけさせるため、というのがそもそもの目的ですので、実態としてそぐわないと見做される外観の場合はより慎重に審査されるでしょう。

とはいえ、どこまでが上記のような場合になるのか分かりづらいところですので、是非、近くの専門家にご依頼されることをお勧めします。

この記事を書いた人

村井将一(むらい まさかず)
1977年生まれ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャルグループと米Morgan Stanleyのジョイントベンチャー)で企業の資金調達やM&Aなどのアドバイスを行う投資銀行業務に18年間従事。在職中500人を超える起業家や上場企業経営者に対して事業計画や資本政策などの財務・資本戦略についての助言を実施

専門は外国人の在留資格手続きに関わるコンサルティング及び財務コンサルティング。趣味は日本人アイドルのコンサートとディカプリオ映画と猫と遊ぶこと。
入国管理局申請取次行政書士・CFP(Certified Financial Plannner)・日本証券アナリスト協会検定会員

たった3分の簡単入力!
無料で相談してみる

【外国人のみなさま】
◆ 日本で働きたい
◆ 日本で会社を作りたい
◆ 結婚したい
◆ 永住したい
◆ 日本国籍をとりたい

【事業主のみなさま】
◆ 外国人を雇いたい
◆ 入国管理局への申請をしてほしい

コンチネンタル「LINE@」キャンペーン!!
コンチネンタ友だち追加ルLINE@ではホームページには書いていないニュースやBlogを配信しています。この機会に是非友達追加を!!もちろんLINE@からのご質問もOKです!(無料です)

お客様の声

よく読まれている記事

Return Top
Translate »